30歳男女が婚活で売れ残りになる原因と対策方法について

30歳,婚活,売れ残り

 

30歳男女でこれから結婚活動をする、またはすでに婚活中で、中々上手くいかずに危機感を感じている人もいると思います。

 

このままでは、結婚はできないのではないか、または売れ残りになってしまうのではないのか、このように考える男性も女性も多くいます。

 

確かに結婚活動は難しい一面があって、結婚をしたい事を目標にした活動のために、見方が厳しくなるところがあります。

 

要するに先の先まで見通した活動という事だからです。

 

例えば結婚活動ではなくて、お付き合いを目標にすると分かると思います。

 

これは先を見通した見方をしないと思います

 

見た目は大事になりますけど、男性の年収や学歴も関係ないし、女性の結婚生活で必要になる家事など、そのようなところまで見ません。

 

ですので、そんなにこだわりがなくなりお付き合いする事ができてしまいます。

 

でも婚活になると、先を見通した活動になってくるので、相手に対しての注文が多くなってくるわけです。

 

そして30歳なので、自然に結婚を意識したお付き合いになってくるので、お付き合い自体も難しくなってくるような感じです。

 

こればかりが理由ではありませんけど、これが売れ残りになる人の主な共通点になってきますが、どのような事なのかをまとめています。

 

 

婚活をして売れ残りになる30歳独身男女の共通点とは?

 

上記で話したように、婚活をして売れ残りになる30歳男性、女性の共通点になってくるのは、やはり原因で多いのが高望みです。

 

高望みといっても色々あります。

 

見た目、職業、性格、身長、体系、収入などです。

 

まだまだありますけど、どこかで何かのこだわりを持っている人は、売れ残りになる理由になる事が多く、それが頭の中で、すでに定着しているような感じです。

 

そうならないと、満足がいかない状態の事で、自分でいつの間にかを暗示しているようなところもあります。

 

婚活をするという事は、何かしらサービスろ使う事になると思いますが、そのサービスのため、次から次へと出会いがあるので、自分の理想に近づけるために、高望みをしていくようになってきます。

 

これがダメでも次がある、またはちょっとした事でこの人と合わない感じがするので、すぐに諦めて他の人を探そうとする、それの繰り返しになってきます。

 

いつの間にか100%を求めるようになっていて、高望みになっていくようになるわけです。

 

本当に相手の事を理解するには、1回のデートやお見合いぐらいでは、わかりません。

 

初めに感じるものは、とても大事になりますけど、その1回のお見合い、2回ぐらいのデートで、本当に相手の事は理解できないものです。

 

でも自分の予測から、ちょっとしたことで、この人とは合わない、そのように決めつけている人もいます。

 

またはこの行動が我慢できないなど、色々とあるのですが、そうやって、色々な人を比較していき、目が肥えてきて高望みになっていくわけです。

 

それはそれでも良いのですが、それを改めることができない人もいます。

 

どんな人かというと次のような人です。

 

 

頑固な性格だと婚活をしても売れ残りになる可能性は大!

 

冒頭でも話したように、婚活は先を見通した活動になるので、どの人も見方は厳しくなってくる傾向にあります。

 

そして高望みをする人は、さらにその傾向が強くなって、さらに結婚を難しいものにさせていきます。

 

でもそれに気がついて改めることができる人もいますが、できない人もいる事は確かなことです。

 

30歳ぐらいになると、社会で色々な事を学んでいるので、頑固ものになってしまう事もあります。

 

固まってしまうというか、自分なりの考えが定着してしまうようなところがあって、仕事なども、そのこだわりを持つようになってきます。

 

そこからズレることは許されないことで、いつの間にか頑固ものになっているケースがあります。

 

そうなると、改めるといっても、その考えを変えることができなく、そのまま突っ走ってしまうために、売れ残りになってしまう事もあります。

 

そしてある時期に「自分はバカだった」このように気がつくこともたくさんあります。

 

人は色々なことを考えますが、実は自分が思っていることは、他人からすると大した事でもない事がほとんどです。

 

この頑固ものになってくると、何を言っても正すことができません。

 

自分の主張を変えることができない人だからです。

 

そしてさらに年齢を重ねると、それがさらに強固なもになる傾向あるので、柔軟性をなくしていきます。

 

自分の母親や父親、または祖父見ると理解できる人も多いのではないでしょうか。
こればかりは、正すのは自分になってしまうので、そのままになってしまうために、結婚が難しくなってくる傾向にあると思います。

 

 

婚活をして売れ残りにならないための対策方法は?

 

婚活をして、売れ残りにならない対策は、一度頭の中をリセットする事です。

 

今まで蓄積されたものは、あくあでも予測でしかありませんので、必ずそうなるとは限らないという事です。

 

見た目について言えば、30歳であればまだまだ若いですが、そのうちに顔つきも変わってきます。

 

体系でも同じ、後でぶくぶくと太ってしまい、体系も変わってくるものです。

 

年収にしても会社が倒産すれば、それで終わりになってしまいます。

 

要するにそいうものは、社会情勢や時代の流れから変化していく事なので、そんなところを見るのではなくて、まずは相手との相性が合うのかどうか、そこだけを見ることができれば、変わってくると思います。

 

それ以外の事は、百歩譲るような見方です。

 

相性だけは外せないところで、ここが合わないと、美人やイケメン、理想の人と結婚したとしても、すぐに離婚をしてしまう事になってきます。

 

離婚の理由で一番多いのが、性格の不一致です。

 

この相性は、とても大事になってくるので、まずはそこだけを見るようにします。

 

そしてお見合い、またはデートをしたという事は、会っても良いという事で会っているわけですから、相手の良いところを見るようにします。

 

結婚できない男性と女性は、相手の悪いところばかり見ようとします。

 

どこかに落ち度がないのか、自分の気に入らないところはどこかないのか、そんなところばかり気にしているわけです。

 

相手の事をマイナスの目で見ることしかできなければ、何人と婚活をしたとしても、相当難しくなってきます。

 

また逆の立場からすると、そんな人を好きになる人はあまりいません

 

自分の本当の本性を見直していかなければいけませんけど、まずは相手の良いところを見るようにしてみます。

 

そういう気持ち、目を持つことが一緒なる人と必要なことで、または生活で必要な事になってくると思います。

 

良いところを認めて上げるという気持ちです。

 

完璧は人はどこにもいません。自分を見ても分かると思います。

 

だからこそ成長する事もできるし、それが人間だと思います。

 

結婚は周りの目を気にするものではなくて、お互いが幸せになれるのかどうかだと思います。

 

誰がどの人と結婚をしているのか、そんな事を気にしている人は現実にはあまりいません。

 

気にしたとしてもそれで幸せになれるわけでもないからです。

 

もう少しこだわりをなくして事が、婚活を成功させる最大のポイントになってくると思います。

 

まとめると、まずは内面を見る、そして良いところを見つける、好きになれるところを増やす、そんな目で見ることができれば、婚活だけではなくて、結婚生活も上手くいくと思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る