30歳独身男女!婚活がうまくいかない理由と失敗の原因は?

30歳,婚活,うまくいかない

 

30歳独身男女で「婚活がうまくいかない!」こんな声を多く聞きます。

 

何がうまくいかないのかは、人それぞれで、利用しているサービスによっても変わってきます。

 

この年齢になると、友達からの紹介、職場での出会いは、かなり難しいので、婚活サービスを利用している人がほとんどです。

 

そのサービスを利用して結婚活動をするのですが、自分が描いた通りにならないという人が多くいます。

 

そして共通して、その声が多くなるのが、この年齢の前後です。

 

20代前半、または中盤であれば、あまりこのような声がないのに、なぜ30歳という節目で、このような声が多くなるのかです。

 

ここで何か気がついた人は、この先良い事がありそうな予感がしますが、婚活がうまくいかない理由と、その対策についてまとめています。

 

 

婚活でうまくいかない独身30歳男女の共通点とその理由

 

婚活でうまくいかない30歳、独身男女の理由ですが、これは先程話したように、利用しているサービスによっても若干変わってきます。

 

ただどのサービスを利用したとしても共通点はあるものです。

 

その共通点についてまとめると、このようになってきます。

 

 

 

  1. 婚活力がない
  2. うまくいかない基準が低い
  3. 婚活サービスの特徴を知らない

 

 

 

大きくまとめると、このようになってきます。

 

婚活力がないと婚活はうまくいかない

 

これは30歳男女に限ったことではなくて、そもそも婚活力がないと、うまくいかない事は多くあります。

 

婚活力とはなにか?という事ですが、結婚に至るまでの恋愛スキル、そして価値観です。

 

この2つが大きなポイントになってきます。

 

恋愛活動と結婚活動を比べると分かると思いますが、どちらが実際活動に難しさを感じるのかです。

 

これは恋愛活動になります。

 

なぜ恋愛活動の方が楽かというと、お付き合いをするまでの事が目的になっているからです。

 

そのため一緒になって生活をする、そこまでの事は考えませんので、相手に望むものは低くなってきます。

 

でも結婚となると話しは別で、その先の事を予測しての活動になるので、相手に望むものが大きくなってきます。

 

分かりやすい例でいうと、女性は男性に年収面を気にするようになるし、男性は女性に生活面の身のこなしのようなものを求めてくるようになります。

 

ですので、恋愛力+生活力が合わさった活動が婚活になってきます。

 

この2つのスキルのようなものが必要になってきますが、そもそも恋愛すらした事がないという人もいます。

 

これではいきなり結婚活動といっても、ハードルが高くなるのは当然です。

 

うまくいかない理由に、その恋活力がそもそも欠けている人は難しさを感じると思います。

 

そして生活面というのは、価値観的な事です。

 

相性といった方が分かりやすいと思いますが、一緒に一生を共にするわけですから、より相手に価値観が合うのかどうかの見方が厳しくなってきます。

 

この見方が30歳となるとかなり厳しくなってきます。

 

なぜ厳しくなるのかは、社会経験から予測するようになるからです。

 

30年生きてきたわけですから、色々なことを経験しているので、人の見方も肥えてきているようになっています。

 

美味しい料理を食べつくしてきて、普通の料理では、満足がいかないようなイメージです。

 

経験が見方を厳しています

 

要するに相手の穴探しが上手くなっている年頃というと分かりやすいかもしれません。

 

そしてその相手のマイナス点を頭の中で広げていき、さらに見方が厳しくなってきます。

 

そしてそこでフェードアウトという結果です。

 

この対策については、一度頭の中をリセットして、相手の良いところを見るような目が男女ともに必要です。

 

婚活にうまくいかない基準が低い

 

婚活にうまくいかない、この言葉を口にする基準が低い事があります

 

例えば結婚相談所で婚活をスタート、でも2人とお見合いをしたぐらいで、この言葉を口にする人がいます。

 

婚活サイトやアプリの利用でも同じで、2〜3回ぐらいで、この言葉を口に人がいます。

 

これはしょうがない事でもありますけど、自分が思っているイメージとは違う予想になっているわけです。

 

自分の中では、3回もお見合いをすれば成功するだろう、問題ないだろう、そのように考えていると、失敗したときの反動が大きく「もうダメだ」「これでは結婚できない」そして「婚活でうまくいかない」このような言葉が出てきます。

 

例えば結婚相談所についても、20回くらいお見合いして、そしてやっと一人と真剣交際に行くのかどうかの確率です。

 

20回と言うと、1ヶ月に約2人ぐらいのペースでお見合いをして、1年がかりぐらいになる計算です。

 

でも2回から3回くらい失敗して「大変だ」「もうだめだ」このような発想になっているわけです。

 

結婚活動は、フラれたときのダメージはとても大きいものですが、でもそれが結婚活動だと理解しないと、すぐにこの言葉を口にしてしまう事になります。

 

この対策については、まず成功しそうなところまで諦めない事です。

 

そして何が失敗だったのかを、自分の中で明確にする事です。

 

これは予測でしかありませんけど、必ず何かの理由がそこにありますので、失敗を失敗したままにしない事が大切です。

 

そして失敗を恐れている人が多いですが、それないと成長する事ができません。

 

どちらにしてもうまくいかない基準が低い事でも、この言葉を口にする人は多くいます。

 

婚活サービスの特徴を知らないとうまくいかない

 

そして婚活サービスの特徴を知らないと、うまくいかない事も多くあります。

 

結婚相談所であれば、自分で探して相手を見つけるネットタイプと、紹介されながらアドバイスを受ける紹介タイプとありますが、それぞれの特徴は、また違います。

 

そして利用しているサービスもその結婚相談所で異なってきます。

 

まずは使えるサービスは全部使っているのかどうか、そしてその特徴を理解して婚活をしているのかです。

 

特徴というのは、流れのようなものがありますから、その流れを知って活動していかないとズレが起こります。

 

アドバイスというサービスがあるのに利用してないという人も多くいるし、そもそもそのアドバイスがあてにならないという人もいます。

 

婚活サイトであれば、男女同額のものもあれば、男性は有料で女性は無料ものもあります。

 

男女同額のものであれば、婚活色が強くなりますけど、男性は有料で女性は無料のものは、その色が弱くなってきます。

 

そのような特徴を理解して使っているのかどうかです。

 

婚活パーティーでいうと、時間にすると1時間から2時間以内ぐらいの時間で大勢の方とのコミュニケーションになってきますので、1人と話す時間は、フリートークを含めてせいぜい長くても10分ぐらいのものです

 

その10分で相手の人柄のようなものを理解する事ができませんから、第一印象のようなもので決まってきます。

 

ですのでファッションセンス、髪型、体系、見た目的な事が大きく影響してきますので、そこに磨きをかけているのかどうかになってきます。

 

そこを理解して活動をているのかどうか。

 

婚活サービスの特徴を知らないで、利用している人も多く、そのためうまくいかないと口にする人も多くいます。

 

30歳独身男女!婚活にうまくいかない時の対策方法は?

 

今回は30歳男女という事で、限定していますけど、どちらにしても上記で話したことの見直しが最もな対策方法になります。

 

今一度、現在利用しているサービスを見直して、使えるサービスはすべて使っているのか、または基準が低くなっていないのか、特徴を理解しているのか、もう一度見直してみる事が大事になってきます。

 

そして失敗した事への追及と、チャレンジ精神です。

 

「失敗はつきもの」または「当たり前」ここが婚活をするうえでの前提になってきますので、そこをまずは理解するようにします。

 

そして活動をして、1年ぐらいになるのであれば、利用するサービスを変えるのも一つの手になってきます。

スポンサードリンク

トップへ戻る