婚活が上手くいかない30歳は恋活から始めると成功する!

本にバラが挟まっている

 

30歳になって婚活はしているけど、中々上手くいかないという人は大勢います。

 

何が原因なのかは、たくさんありすぎて、またその人によっても微妙に違い、これを一つ一つ解決していくとなると、とても大変なことでもあります。

 

でも上手くいないのは、何かしらの原因がある事になりますが、それを見抜くことができれば、ゴールも早いと思います。

 

でもそこが分からないので、絶えずチャレンジをしていく事になりますけど、でも、そこで婚活疲れのようになっている人もいます。

 

何をしても上手くいかず、こうなってくると気持ちの方もかなり元気がなくなってきます。

 

でも上手くいかないであれば、恋活からスタートすると成功しやすい事もあります。

 

今回は、なぜ結婚活動が上手くいかない人が、恋活からスタートすると、上手くいきやすのかについて、まとめています。

 

30歳で婚活が上手くいかない人がなぜ恋活から始めるとうまく行く?

 

30歳から婚活をスタートさせて、中々上手くいかないのであれば、恋活からスタートさせるのも一つの手になってきます。

 

そもそもなぜ婚活が難しいのか?という事ですが、これはハードルが上がるためです。

 

人が異性との関わりを見ると分かると思いますが、一番難しい位置、またはハードルが高くなるのが婚活になります。

 

分かりやすくすると、このようになります。

 

 

  1. 知り合い
  2. 友達
  3. 彼氏や彼女
  4. 結婚

 

 

この順番で、異性とのお付き合いが難しくなってくるわけです。

 

知り合いからであれば簡単になれる!

 

例えば婚活はいったん横に置いておいて、知り合いに注目をしてみて下さい。

 

もし異性と出会うときに「知り合いになってください!」と伝えたときに、これを拒否する人がいるのかどうかです。

 

自分にも置き換えてみて下さい。

 

こう伝えられて、自分はどのように返事をするのかです。

 

ほとんどの人は「知り合いぐらいの関係であれば良いかな?」このように考える人の方が多いと思います。

 

何を言いたいのかというと、相手に求めることが少ないので、OKの返事をしている事になります。

 

現実、知り合いぐらいであれば、何とも思わない人の方が多いと思います。

 

異性との関係で、一番ハードルが低いところ、そのような位置づけが「知り合い」という位置になります。

 

友達からやや異性とのお付き合いは難しくなってくる

 

そして今度は知り合いから「友達」という関係にします。

 

こなると、知り合いから比べると、ハードルが高くなる事が分かると思います。

 

「知り合いになってください」と言われるのと「友達になってください!」と言われるのであれば、どちらが受け入れやすいのかです。

 

これは当然「知り合いになって下さい!」だと思います。

 

でも友達ぐらいであれば、まだ異性との関係で、まだ許せる人の方が多いと思います。

 

気持ちの中では「友達ぐらいの関係であれば良いかな!」そのぐらいの感覚ではないでしょうか。

 

相手が美人であっても、イケメンであっても、誰でもここまでの関係になれる可能性は高いという事です。

 

 

彼氏や彼女の関係からハードルが高くなる

 

続いて、彼氏や彼女の関係を考えてみて下さい。

 

知り合いや友達からの関係から比べると、一層ハードルが高くなる事が分かると思います。

 

この場合は、個人のプライベート、または相手とのスキンシップなどが密になってきますので、ここから本当に異性とのお付き合いが難しくなってきます。

 

要するにより相手を選ぶような作業になってくるわけです。

 

一緒にいて楽しいのか、心を許せる相手なのかとか、見方が厳しくなってくるわけです。

 

言っている事は分かると思いますけど、ここが恋愛活動の「恋活」になってくるわけです。

 

でもそれよりもさらに厳しい見方になってくるのが婚活だという事です。

 

婚活は最も異性との関係で難しい場所になる

 

婚活とは、知り合い、友達、彼氏、彼女の関係から比べると、最も高い位置にある事が、今までの説明から分かると思います。

 

その難しいことをいきなりお互いがしているので、中々上手くいきません。

 

彼氏や彼女の関係であれば、心を許せる相手なのか?とか、スキンシップなどは許せるのか?とかですが、結婚となると、それにプラス、一緒に生活をしていけるのかどか、一生といワードが挟むようになるので、より相手の見方が厳しくなってっくるわけです。

 

そのハードルの高いところで、活動をするので、失敗が多くなってきます。

 

さらに30歳というと、そこそこ良い年齢ですから、選べる人も決まってくるわけです。

 

見方が厳しいうえに、さらに拾うパイが少ないとなると、長期間の婚活になってくる事が予想されます。

 

現実、何年も結婚活動をしているけど、中々それが実らないという人はたくさんます。

 

年齢が上がると、不利になることは間違いない事ですが、それが今の結婚活動の現実だと言えます。

 

でも中にはトントン拍子でいく人もいるのですが、これは稀な例で、ほとんどのケースは、何回と何十回と失敗している人がほとんどです。

 

ですので、そのいきなり高い位置からスタートさせるのではなくて、もっと低い位置からスタートさせる方が成功させやすいという事です。

 

ではどうすれば、低い位置からスタートさせる事ができるのかは、今回の話しで、予測ができていると思います。

 

 

婚活ではなくて恋活からスタートさせると成功させやすい

 

上記で話したように、婚活で上手くいかないのであれば、ハードルが高いことになるので、恋活からスタートさせることが成功のポイントになってきます。

 

難しい位置で活動しようとするので、難しい事になるので、ハードルを下げることによって、異性との関係を簡単にする事ができます。

 

その位置が「恋活」という事です。

 

ですから一度、婚活から離れて、恋活、もしくは友達を作るような活動に変えた方が、ハードルが下がり、異性との関係が成功しやすくなるわけです。

 

例えば極端は話しですが、シングルマザーさんとかは、これで成功しやすくなります。

 

いきなり子供つきのバツイチとの結婚は重い、このように考える男性は多くいます。

 

そのため婚活自体が難しくなるのですが、でも結婚ではなくて、恋人からスタートさせる事で、相手男性の精神的な負担を減らすことができます。

 

男性もいきなり結婚ではなくて、恋人からスタートであれば良いかな?

 

このように考える男性は多くいます。

 

そのような感覚で、ハードルを下げて、恋活からスタートさせると、お付き合いが上手く行きやすいという事です。

 

そしてそこから、上手く結婚までの話しにしていくと良いと思います。

 

どちらにしてもお互いが好きになれば、いずれそのような話しになってくるはずです。

 

最初から結婚ありきのお付き合いではなくて、上手くいかないときは、彼氏、彼女の関係からスタートするのも有りだという事です。

 

でもそのような人が、どこに行けば集まっているのか?という事ですが、これは簡単で、恋活アプリを利用している人です。

 

性格には恋活・婚活アプリという事になりますが、ここであれば気軽な恋活からスタートさせる事ができますので、ハードルが低くなります。

 

現実、ここから結婚した人はたくさんいます。

 

上手くいかに人は「ハードルを下げる」ここがポイントになってくると思います。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る