婚活でデート中の会話が上手くいかない30歳男性!その理由と解決策

婚活,デート会話

 

婚活で知り合った人と初デート、そして相手とコミュニケーションを、とっていく事になりますが、何を話せば良いのか分からないという、30歳男性の対策方法についてです。

 

これは男性であれ、女性であれ、共通して悩みになるところですけど、話しが続かないとう事は、良くある事です。

 

そして1回目は何とか乗り切っても、2回目、3回目となると、何を話せば良いのか分からないという人も多くいます。

 

こうなると、デート自体が楽しいものはなくて、そこに集中してしまうために、とても気疲れを起こしていきます。

 

でも異性といるときは、そこが重要かというと、重要ではありますけど、そこばかりでもありません

 

もっと大事なことがありますけど、今回は、その婚活中のデートでの会話対策についてまとめています。

 

 

婚活中のデートで会話が続かない基本的な理由とは?

 

婚活をすると、必須になってくるのが、相手とのコミュニケーションになってきますが、何を話せば良いのか分からないという方もいます。

 

中には話しを何とか盛り上げようとする話し方をして失敗している人も多くいます。

 

そのたどうすれば盛り上がるのか?そんな事ばかり考えてしまい、そこをどこまでも追及していくような事が多い感じです。

 

でも本来、会話というのは、そこを追求するものではなくて、相手と話したい事を話すのが会話になります

 

自分の得意としたこと、自慢したいことなど、話したい事があるので、会話をしている事になりますから、盛り上げる必要も何もないとう事です。

 

ちなみに盛り上がる話しというのは、相手とある事を共通して話している場面の事になります。

 

何にについて話すと盛り上がるという事ではなくて、相手も自分も興味がある内容を合致させている事で、話が盛り上がっている状態だという事です。

 

その合致するところは、人よってよりけりで、卒業した学校が一緒だった、出身地が一緒だった、趣味が同じだった、そんな事になります。

 

自分も相手もAという話しをしている状態の事です。

 

でもこれが自分がAで相手がBの話しになると、会話にズレが生じるようになります。

 

自分も相手もAとう共通して興味がある話が、会話が盛り上がっている状態です。

 

何も相手がゲラゲラ笑ったとか、そいう事でもないという事です。

 

さらいうと、相手によって盛り上がり方も違います。

 

喜怒哀楽がある人は「うっそー」とか「凄い!」など、言葉に抑揚がありますけど、全員がそうではありません。

 

中には、表現が乏しい人がいます。

 

でも共感できる事を話している事で、心の中で会話が盛り上がっているわけです。

 

まずはここを誤解しない事です。

 

だから基本的に盛り上がる話しというのは、相手によって変わるという事です

 

例えば男性が車の話しをしても、相手女性がそれに興味がなければ、そこで共感が得られないので、そこで会話が終わってしまう事になります。

 

〇〇の話しをすると盛り上がるといっても、相手がそれに対して、どのように感じるのかが大事なことなので、盛り上がる話しは無いに等しいと思った方が良いと思います。

 

会話を続けて盛り上げるには「相手が興味があること」この一点になってきます。

 

でも必ず一致する事ばかりの話しになるわけでもありません。

 

この場合は、一致させたかたのような話しにすると良いわけです。

 

 

婚活でのデート中の会話で一致させた話し方とは?

 

上記で話した通り、自分と相手が共感できる話しばかりでもありません。

 

この場合は、一致させたかのような話し方です。

 

相手が興味がある事からは、外れないようにして、そこについて調べておくことで、話しは飽きないで続くと思います。

 

婚活中という事は、少なくても、相手のプロフィールが分かっているわけすから、そこを基本として話していきます。

 

でもここでの注意点は、話しを広げようとしない話し方です。

 

例えば・・・

 

自分:動物が好きなんですね?

相手:そうなんです!

自分:なんの動物が好きなの?

相手:犬

自分:犬の種類は?

相手:トイプードル

自分:へぇー

 

 

ここで話しが終わってしまっているケースです。

 

「へぇー」で終わるのも良いのですが、これではいくら話しのネタがあったとしても話しは続かないし、2回目、3回目のデートになると、大変な事になってきます。

 

ではどのような話し方をすると良いかというと、そのテーマについて、たくさん話すという話し方です。

 

今回でいうと、トイプードルが好きなわけですから、それについて話していくわけです。

 

相手は好きな事を話している、自分もそこに興味を持って聞くことで、相手はもっと話したくなるわけです。

 

基本的に人は、話す事が好きな生き物ですから、好きな事は、永遠に近いくらい話しがつきないものになってきます。

 

ですので、自分もその話しに興味を持つことがポイントになってきます。

 

そうすることで、話しは何時までも続くことになります。

 

相手のプロフィールをみて、それについて調べておくクセをつけておくと良い思います。

 

そしてデートをしているわけですから、その行くところの情報を仕入れておくことで、その場面にあった話しができるようになります。

 

1回目があるお店なら、そのお店について調べておく、2回目のデートが動物園なら、その動物園について調べておく、そうすることで、その場面になった河合内容になってくると思います。

 

 

それが話すネタになってきます。

 

マンガであればマンガの話しを徹底的にする、花の話してであればそれをちょっとは勉強して、その話しをする、そのような事で、価値観を共有しているような話し方になってきます。

 

相手も理解してくれる人という事で、どんどんと話してくれるので、コチラが話すネタを用意しなくても良いような感じになってきます。

 

でも共感できるところをお互いにもっていた方が、話しには弾みがつきます。

 

 

婚活中のデートは自分が話したい会話をしていく事も大事

 

そして次に婚活中のデートの会話で注意することは、話す内容ではなくて、自分は何を話したいのかです。

 

自分だって好きなこと、話したい事はたくさんあると思います。

 

現在、30歳であれば、30年生きてきたわけですから、それまでに得た情報や経験は膨大なもので、1週間ぐらいで話せるような事でもありません。

 

その中から、自分が話したい事を話していく事も大事です。

 

相手に話してもらうとうスタンツではなくて、自分が話したいことを、どんどんと話していくような感じです。

 

それに興味を持ってもらうのかは別としても、それで相手は人間性を見ることができますので、それはそれでマイナスにはなりません。

 

そして相手が強く反応があるところについて、聞いて話していくような流れです。

 

話しは、何か話したいことがあって話すわけですから、その話しをする事で、会話は成り立つ事になります。

 

相手に聞くことばかりが会話でもありません。

 

子供のように無邪気に話していくことで、相手もそれに引き込まれるようになります。

 

 

 

婚活中のデートで会話にネタがない場合の対策方法は?

 

1回目が良くても、2回目、3回目のデートで、会話のネタにどうしても困るという事であれば、会話をしなくても良いデート場所を選ぶようにします。

 

朝から晩まで、話せるという人は、そんなに多くはいません。

 

何かのキッカケがある事で、必要最低限話すのが本来の自然な姿だと思います。

 

でも初めての頃は、どうしても間ができる事に不安を感じると思います。

 

それであれば、行く場所の工夫です。

 

先程話した動物園のようなところでも良いし、春であれば花見のような感覚でいくのも良いと思います。

 

何かを見るという事で、話しをする事はかなり減ってきます。

 

水族館、映画なども良い選択です。

 

女性も好きなジャンルである事もありますので、2回目や3回目のデートは、そのようなところを選択すると良いと思います。

 

または何かのイベントへの参加です。

 

何かを作りながらのようなイベントに参加することでも、楽しみながらデートをする事ができます。

 

遊園地なども良いのではないかと思います。

 

定番の、遊園地のお化け屋敷に行くのも、童心に変えることができて、面白いと思いますよ!

 

これであれば、会話自体に困らないと思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る